40代で発症したクローン病患者が、完治を目指して、薬なしの闘病で経験したことを綴ります


by Cheesman
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

タイトル変えました

タイトルを変えました。
前が「クローン病は完治する!」
新しいのが「ペンタとエレンにさようなら」
ちょっと硬すぎたと思うんです。
クローン病が完治する病気だ、という思いには
変わりありませんけど。

クローン病と診断されて、医師から最初にもらったのが
ペンタサとエレンタールでした。
地元の患者会の役員の方からは、ペンタサを止めようなどと
考えるのは愚かだと批判されたこともあります。
しかしJIBDの役員の方がある所でおっしゃっていたように
医療費をできるだけかからないように努力しなければ
国の医療費がかさむばかりで、自分たちにしっぺ返しが
来ないとも限らないという懸念は現実味があります。

代替医療のお医者さまの中には、ペンタサなどの薬は
もらうだけもらって捨ててしまいなさい、と指導される方も
あるようですね。そうしないと主治医からいじめられるとか?

私は正直に生きたいし、主治医の人格を信じていたので
薬をやめたい旨申し出て理解してもらい、それ以来
ペンタサを処方してもらっていません。

エレンタールも自己負担となると馬鹿にならない額と聞きます。
できることなら頼らないで行きたいものです。
今は在庫処分のために、そして実際に調子が若干悪いので、
昨年もらった残りをちびちび飲んでいますが、
遠からずきっぱりと縁が切れないものかと考えています。

そんなわけでペンタサとはすでにさようならをしましたし、
エレンタールも飲みきってしまったら、次はもらわない覚悟で
います。もちろんその時には完治間近のはずです。

クローン病の完治!新薬の登場を待ち望む声が多いですが、
薬なしでそれが成し遂げられるに越したことはありません。

このブログが完治までの実況中継になればなぁ、そんな気持ちです。

しばらく試行錯誤が続くと思うので、タイトルも含め、またいろいろ変えるかもしれません。
[PR]
by cheesman | 2007-06-16 16:16 | メッセージ | Comments(0)