40代で発症したクローン病患者が、完治を目指して、薬なしの闘病で経験したことを綴ります


by Cheesman
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最初の再燃

2006年4月は退院して間もなく、歩いていても足元がおぼつかなく頼りない感じでした。寝てばかりいたので体力が落ちるのは仕方ないし、低栄養状態から完全に回復したわけではなかったので、気長にリハビリすることにしました。

体調は日に日に良くなっていき、入院中に買っておいたラーメン屋特集の冊子を持って、食べ歩きを始めました。油がよくないことは分かっていたので、食べ歩きと言っても週に1軒程度です。しかしこういう油断は食生活全般に現れるもの。食べられるうれしさから、徐々に食事制限が厳格さを失って行きました。あまり調子がよいので、完治してしまったのではないかと勘違いしていたというのもあります。(実際には肛門付近からの膿の排出が完全に止まったわけではなかったので、完治していないことは知っていたのですが、そう思い込みたかったのだと思います。)

5月になると体も動くようになってきたのでテニスも始めました。最初は壁打ちから。スタミナがついてきたらコートに出て。この頃便が少しゆるくなり始めて異変を感じましたが、下痢というほどではなかったので様子を見ることにしたのでした。

6月には自分よりも二回りも若い人たちと真剣にテニスをするようになっていました。しかし体調は万全ではなく下痢をすることが多くなってきました。当然食べ歩きのような馬鹿なことはすでに止めて、退院当初の厳格な食事制限に戻したものの、あまり効果はなかったようです。

7月には毎日のように下痢が続き、体調も悪く、もはやテニスができる状態ではなくなりました。このままではまた入院生活に戻ってしまうと考え、先手を打って経腸栄養のためのポンプのレンタルを病院に申し込みました。食事は1日1回軽くとるにとどめ、夜間にエレンタールを1800kcal分注入する毎日となりました。

6月までさぼっていた爪もみも再開したのですが、今回は効果がなかったようです。当時の日記に「痔の痛み、出血ともひどく耐え難し」と書いてあります。結節性紅斑も出て歩くのが困難になってきました。7月7日のCRPは3.24でしたが、中旬を過ぎると急速に悪化して行っているのが検査をしないでも分かるほどでした。

初めて経験する再燃です。この再燃を通して自分も晴れて一人前の(?)クローン病患者になったことを実感したのでした。

当然のことながら薬は一切飲んでいなかったし、爪もみも真面目にやるようになっていたので、これでも治らないとなると、もはやお手上げで絶望です。困り果てたときに頭に浮かんだのが「自律神経免疫療法」でした。
[PR]
by cheesman | 2007-07-10 18:54 | 入院治療から再燃まで