40代で発症したクローン病患者が、完治を目指して、薬なしの闘病で経験したことを綴ります


by Cheesman
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

やっぱり暑いので

久しぶりに兄と電話で話しました。

「お前のブログみたけど、完治するって言いながらそんな調子じゃだめなんじゃないか?」

ごもっとも。始めたときには完治目前ぐらいに思っていましたから。でも考えようによっては、こうやって二度目の再燃と戦って克服し、最終的に完治まで持って行った方が、端から見れば面白いんじゃないでしょうか。ドラマみたいで。完全に治ってからブログを開設すると、こうは行きませんからね。

ま、半分強がりみたいな言い訳ですが、昨年の最初の再燃ほど苦しんでいないのも事実。しかも特別な薬に頼っているわけでもない。

じゃあ治りそうで治らないのはなぜか?これは裏主治医の先生からは注意されないんですが、やっぱり暑いことと関わりがあるように思います。昨年は絶対にやらなかったことなのに、時々冷たいものを飲んだり食べたりしてしまうのです。気のゆるみがあると言えばその通りですが、誰からも注意されないのでついつい負けてしまうのです。

西原先生は口呼吸と冷たい物中毒が難病の原因だと断言しておられます。裏主治医からは口呼吸を直すように指導されて、これは今うまく行っていると思います。治るはずの病気が治らないとしたら、あとはもう1つの原因、冷たい物中毒が問題だと考えるしかないと思います。実はさきほどもオロナミンCを飲んでしまいましたが、もっと臆病にならないといけないのかもしれない。温かいものしか口に入れないように徹底してみようか。フルーツやサラダも食べた方がいいのではないかと思ったり、今は我慢してとにかくお腹を冷やさないように気をつけた方がいいのではないかと思ったり、結構揺れ動いているのですが、5月以来治りそうで治らないままぐずぐずしている原因を探っていくと、もうそれぐらいしか原因がないように思えます。
(実を言うと、もう1つ心当たりがないではないのですが、そのことは今は考えたくないので、お話ししません。)

今の問題は先週突然始まった下痢ですから、とりあえずはこれを押さえ込むのが課題。薬に頼らないでこの程度なら、普通の生活をする上では問題ないけれど、大腸型のクローン病は手術に至る確率が高くて怖いよ~と表主治医からは呪いをかけられているので、これを払拭するためにも、きれいさっぱり治してしまわないと!
[PR]
by cheesman | 2007-08-01 17:30 | 現在の状況