40代で発症したクローン病患者が、完治を目指して、薬なしの闘病で経験したことを綴ります


by Cheesman
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

このままで

今日は統合医療の病院での久しぶりの診察でした。

カラー治療、つむじ治療、AKAをしていただきました。

薬はあいかわらずミヤBMのみ。病状は一進一退なので、改善しようと思えばエパデール、マーズレン、ビオチンなどを復活させるのが簡単なはずですが、そうはなさいません。薬と縁を切るのが目的だからです。

思ったよりも時間がかかっているのですが、この夏の再燃ではミヤBMだけでここまで乗り切ってきたのも事実。自分にできることは爪もみと「あいうべ」、それから体を冷やさないよう注意することぐらい。もちろん食事での節制も大事ですが、私の場合は狭窄がなく、大好きな野菜をふんだんに食べても問題ないのがありがたい。昨年は生野菜を食べると下痢しましたが、今年はけっこう食べています。この点でも進歩しているようです。

これまでのやり方で様子をみる。もう少しの辛抱です。辛抱できるのも先生がきちんと、しかも前向きに話して下さるからです。病院に行って、気持ちよく帰宅できるなんて助かります。次回は10月なのですが、もう次が待ち遠しく感じます。



金曜日はもう1つの病院で血液検査です。痛みが消えたわけではないのでCRPがちょっと心配。少しでも下がっていてくれたらいいですが。
[PR]
by cheesman | 2007-08-21 22:09 | 現在の状況