40代で発症したクローン病患者が、完治を目指して、薬なしの闘病で経験したことを綴ります


by Cheesman
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

クローン病は完治する

こんなサイトを見つけました。
パーキンソン・ホットライン

もちろんパーキンソン病の方のためのサイトなのですが、サイト解説者の森田さんの履歴に注目です。つまりクローン病を克服された方のようなのです。

「今では、自覚症状もなく、自身で心身をコントロールし、健康的な毎日を送っており、服用している薬も一切ありません。」

薬以外に自分でできることに取り組んで克服されたそうです。私も自分でできることにいろいろ取り組んでいます。食事、爪もみ、鼻呼吸、体を温めること等等。森田さんが実際にどうやって治ったのかは知りません。知りたいですが、今はまだ情報がありません。でも、あまり特殊なことではなく、私が現在取り組んでいるようなことではないかと想像しています。



さて、こういうことを書くと、次のような反応がかえってくることが予想されます。

「それって、完治じゃなくて、長い緩解というだけじゃないの?クローン病は治らない病気なんだから、治ること自体おかしいでしょ?そもそもが誤診で、最初からクローン病ではなかったんじゃないの?」

私もクローン病と診断された時は誤診であることを願いました。しかし2度も再燃を経験すると、そういう期待感は失せてしまいます。だからといって治してはいけない病気だなどと誰も言っているわけではありません。現代医学では治す方法がまだ見つかっていないだけであって、将来いい薬が見つかって完治するようになるのかもしれないし、今現在だって代替医療で治す道があるのかもしれません。私は後者に賭けています。

ただの緩解という見方については、それもあり得るでしょうが、薬なしで死ぬまで緩解を保てるのなら、実質は完治したのと同じであって、医学上の定義はどうでも良いことになりませんか?

森田さんはすでに難病申請を取りやめておられます。私はまだそこまで行っていませんが、月に1回血液検査をするだけで何も薬を出していただいていない現状を考えれば、難病申請しようがしまいが治療費で国にお世話になる分は全然変わらないことになります。彼と異なるのはまだ若干の自覚症状があることです。

もう少し意志を強くもって、毎日の生活を厳格にできれば完治も遠くないと思うのですが・・・。前にも書きましたが、強い克己心をもって節制できる一流スポーツマンを心から尊敬します。

追記:森田さんは難しく考えることをやめた時から回復し始めたと書いておられます。私も同様に心に余裕をもちつつ節制できたらなぁと思っています。節制が強いストレスになってしまうようでは逆効果ですからね。
[PR]
by cheesman | 2007-10-27 14:57 | 治療