40代で発症したクローン病患者が、完治を目指して、薬なしの闘病で経験したことを綴ります


by Cheesman
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

下痢の顛末

いけないものを食べてお腹をこわしてから、かれこれ10日近くになります。

実はその後も焼肉を食べる機会がありましたが、その時は「すきっ腹に肉だけ」という無謀はやらずに、しっかりと野菜とご飯をいっしょに詰め込みました。そのおかげかどうか、下痢には至りませんでした。

まだ硬い便に戻っていませんが、下痢とはほど遠い状態です。

舌炎の徴候も、徴候のままどこかに消えてしまっています。

やれやれです。

クリスマスと忘年会のシーズンを無事通過。でもこれからまた年末年始のご馳走ラッシュが待っています。病気であることを自覚しつつ、目の前に置かれたご馳走を上手に取捨選択するのは難しいですが、今現在発症して、あるいは再燃で食べられない方々の苦しみを思えば、そして自分のかつての地獄の苦しみを思えば、感謝しつつ軽々とクリアしなければならないハードルです。

妻に言われて思い出しましたが、2年前のホワイトクリスマスは病院のベッドでむかえたのでした。他の患者さんたちがケーキ付きのスペシャルメニューなのに、自分だけ低残渣食という情けなさでした。それを思えば現在の状況には感謝せずにはおれません。

自分の体に備わった免疫力に信頼しつつも、体をいたわる休日を過ごさねば。


わけあって年内はもう投稿できないかもしれません。これを読んで下さっている、患者のみなさま、あるいはご家族のみなさま、よいお年を!クローン病はきっと治ります。



追伸:量を減らしたはずのミヤBMは、前回の処方の残りがまだあったので、減量していません。お腹をこわしてもいましたし。(U先生、ごめんなさい。・・・ちなみにUは裏の頭文字です)
ぼちぼち1日3錠に減らせそうです。
[PR]
by cheesman | 2007-12-27 00:04 | 現在の状況