40代で発症したクローン病患者が、完治を目指して、薬なしの闘病で経験したことを綴ります


by Cheesman
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

爪もみ靴下

1/12に「あいうべ」のことを書きました。爪もみをさぼっているのに病気が悪くならない理由の1つが「あいうべ」だというのは間違いないと思うのですが、実は文字通りの「爪もみ」はさぼっているけれど、爪もみ自体をやっていないということではないのです。

「爪もみ靴下」  これが好調のもう1つの理由です。

e0122528_1693742.jpg

安心の2月号に「足の爪もみ」の特集があります。そしてその中に「爪もみ靴下」のことを紹介する記事があります。一緒に写っているのは、友人と義母に送るために購入した爪もみ靴下です。

e0122528_1611512.jpg

昨年の8月下旬から履いているので、もう5ヶ月近くになります。副交感神経を刺激する作用があるのだそうで、1日に8時間は履いて欲しいとのことですから、私は本来副交感神経優位になるはずの夜間に履くことに決め、寝るときに着用することにしました。

最初は半信半疑で1足だけでスタートしたので、毎日履くというわけにもいかず、週にせいぜい3日ぐらいの着用でした。しかし履くと足がポカポカして気持ちいいので、買い足して、今では4足持っています。ほぼ毎晩履いています。爪もみをしていないのに調子が良いのは、靴下が勝手に爪もみと同じ副交感神経刺激を寝ている間にしてくれているからだと思うのです。

このブログですぐに紹介できなかったのは、自分で効果を実感してからにしたかったからです。ところが足が悪いとか、腰痛をかかえているとか、そういう爪もみ靴下の本来の役割に合った症状がなかったので、履いてすぐにクローン病に対する効果を実感するということはなかったのです。しかし半年近く着用して、爪もみをさぼりながら、これだけ好調を維持できているのだから、そして生活でそれ以前と変わったのはその部分だけなのだから、そろそろ「効果があります」と言っても許されるのではないかと思ったのです。

ただし、風邪の影響かどうか、CRPが相変わらず2を上回っていることが判明した今は、ハリボーイⅡによる爪もみを再開しています。そして爪もみ靴下の着用時間を伸ばそうと思って、昨日は日中も履き続けました。お風呂以外の時間にずっと履いている日が、これからは増えると思います。「あいうべ」「ハリボーイ」「爪もみ靴下」の合わせ技でどれだけ効果に加速がかかるか、楽しみです。
[PR]
by cheesman | 2008-01-22 06:05 | 治療