40代で発症したクローン病患者が、完治を目指して、薬なしの闘病で経験したことを綴ります


by Cheesman
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

鬼門の夏に突入

「夏は鬼門ですね」
裏主治医の先生からかつて言われたことです。それを意識したわけでもないのですが、6月に入るや、下腹部に違和感を感じるようになりました。
そして昨日は腹痛のようなものが。

かってに家族内完治宣言して発病以前に近い生活スタイルをしていましたが、やっぱりまだまだ気をつけないといけないようです。

仕事のストレスが増えました。
テニスなどの運動の頻度が上がりました。
爪もみをさぼっていました。
刺激物の飲食が増えました。
シソ油をけちって使わなくなっていました。

などなど、健康な人なら何てことのないことでも、クローン病にとっては好ましくないことに、無意識のうちにチャレンジしていたということでしょうか。

この夏を元気に乗り切るために、今日から気持ちを引き締めていきます。

とりあえずシソ油を積極的に摂り、同時に脂ものを避けることにしました。
その他刺激物を控えます。
爪もみ用のハリボーイⅡは職場に持ち込み1日2回やることとしました。
テニスはやめたくないので、妻の反対もありますが、続けることとして、一所懸命やり過ぎないことを誓いました。(テニスは知らず知らずのうちに口呼吸のクセをつけてしまうようです。)
鼻づまり気味なのは相変わらずなので、「あいうべ」は最低60回やってますが、どうやら夜間冷えるのがいけないようなので、先月あたりからパジャマを半そでTシャツに切り替えていたのを、長袖パジャマに戻すことにしました。
それからできるだけ爪もみ靴下を着用します。(これまでも一度履いたら24時間着用でしたが。)

こうやって考えてみると、これだけのことをないがしろにしてきたのだなぁと、変な感慨にふけってしまいます。剣呑剣呑。まだお医者さまから完治宣言が出たわけではないので、気をつけないと。
[PR]
by cheesman | 2008-06-08 10:05 | 現在の状況