40代で発症したクローン病患者が、完治を目指して、薬なしの闘病で経験したことを綴ります


by Cheesman
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:現在の状況( 69 )

アレルギー

久しぶりにログインしたので、書くことないのですが、一応近況を書いておきましょう。

クローン病に関しては調子いいです。自覚症状ゼロの状態が続いています。

血液検査に行けない原因を作っている風邪の方は落ち着いてきましたが、アレルギーがまだ消えません。これは職業病みたいなものなので、いちど喘息っぽい咳が始まると、おさまるまでに数ヶ月かかることもあります。少しずつよくなっているように思えるので、気長に構えておきます。


ミヤBMはまだあるので、統合医療の病院での診察はまだ先です。
[PR]
by cheesman | 2008-04-21 12:14 | 現在の状況

完治宣言したけれど

この前、家庭内では完治宣言しましたが、絶好調というわけではありません。
宣言したあと、馬鹿な食べ方をしたのが一過性でなく、やっぱり美味しいものは食べたいので、「完治宣言したんだから」などと下らない理屈をつけては、脂の多いものを時々食しておりました。当然のことながらお腹がゆるくなりました。

なぜ当然かというと、元々そういう体質だったんです。脂の多い食事をするとお腹がゆるくなる。元々そうなら心配いらないようなものですが、もしかしたら、そういう体質だからこそクローン病を発症したと言えるのかもしれません。

新年度になって忙しいので、食事も不規則になりがちです。昨日も今日も昼食は家から持って行ったご飯とレトルトカレーでした。脂質が11.7gなので、そんなにひどいわけではないのですが、私が理想とする野菜たっぷりの食事からはかけ離れています。妻も最近忙しいので。でも落ち着いてきたらまた愛妻弁当を持参できるようになるでしょう。

暖かくなってきて、方々からテニスのお誘いがあります。まだ始めていませんが、体力も戻ってきたので再開しようと思います。口呼吸に注意しないといけませんね。


血液検査まだ受けていません。なかなか時間がとれなくて。しかしどうなんでしょう、自覚症状がないなら受ける必要もないような気がしますが。たとえCRPが高かったとしても、腹痛でないのなら、それほど問題とも思えない。逆に自覚症状がある時は注意信号が点灯しているので、再燃に突入しないよう気をつける意味でも検査しておいた方がよいように思います。いずれにせよまだアレルギー性の喘息(自己診断)をひきずっているので、たとえ暇でも検査は無意味と思います。

来週か再来週あたりには、と考えています。
[PR]
by cheesman | 2008-04-09 19:04 | 現在の状況

完治宣言

28日に家で完治宣言して、29日は天ぷらを食べました。30日も趣味の仲間と外食して油の多いもの、甘いもの、コーヒーなどをいただきました。このところ下痢も腹痛もなく快調です。もちろん油ものを避ける基本姿勢は変えないつもりで、この2日間の暴飲暴食(?)は単なる気分転換です。

3月中に血液検査が予定されていましたが、仕事が忙しくてキャンセルになりました。次の検査の予定が立たないので、それまでのつかの間の自己満足かもしれません。これまでも調子がいいのに検査結果が思わしくない(CRPが高い)ということが多かったので。

しかし、治らない治らないと思い込むよりも、こんな風に治った治ったと唱えている方が、案外知らずに(良い方に)自己暗示にかかったりして、いいのかもしれません。

さあて次回の検査ではどんな結果が出ますやら。(目下アレルギーと風邪の症状が出ているので、これらが落ち着いてからの検査となります。)



あっ、そうそう、でもミヤBMは朝晩3錠ずつ飲み続けています。これじゃ完治とは言えないか?
[PR]
by cheesman | 2008-03-31 06:46 | 現在の状況

平穏

前回のエントリーからもう2週間。

とりたてて書くべきこともないので、あえて今書く必要も感じないのですが、一応近況です。

この1週間は調子がよいのでハリボーイを忘れる日が多くなりました。気をつけないと。

体重が増えてきているので食べる量と時間に注意する必要を感じています。

ミヤBMは朝晩3錠ずつの計6錠。今までと同じです。


3月になったら血液検査があります。それまで好調を維持したいもの。
[PR]
by cheesman | 2008-02-23 08:15 | 現在の状況

体温

久しぶりに体温を測ってみました。

この1週間で、起床時のいわゆる基礎体温(?)が35.9℃から36.2℃の範囲で変動。
平均すると36.1℃といったところでしょうか。

昼間は測っていませんから、日中にどう変動するか分かりませんが、昔の平熱が35.5℃だった頃よりはよっぽど改善しているように思います。一度日中の変化を追ってみたいと思います。

でも、もう少し上げたいもの。


基本的に爪もみ靴下は毎日はいています。「あいうべ」と「ハリボーイ」もさぼる日もありますが続けています。薬はミヤBMを朝晩3錠ずつ。
[PR]
by cheesman | 2008-02-09 07:08 | 現在の状況

今年初めての治療

統合医療の病院で治療を受けてきました。

カラーにAKAに「つむじ治療」。いつも通りのメニューです。

お腹の調子もよく、薬はやっぱりミヤBMだけ。前回は1日3錠でしたが、今回は1日6錠に戻りました。この前の血液検査の結果もよくなかったですしね。薬と完全に縁を切ることを急いで、病気が悪化したら意味ないですから、気長に、しかし前向きに、取り組みたいと思います。そういえば、あれだけ悩まされた舌炎・口内炎も、もう1ヶ月以上出ていません。いい兆候です。

前回の1日3錠は、3回に分けても一度に3錠のんでもいいと言われました。面倒なので朝食後に3錠飲むことにしていました。今回は朝食と夕食のあとに3錠ずつ飲むことにします。

また6週後に治療です。




風邪の方はもうほぼ完璧に治ったようです。鼻水も出なくなりました。血液検査、今受けたらもう少しいい数値が出たと思うと、キャンセルできなかった自分の勇気のなさが悔しいです。
[PR]
by cheesman | 2008-01-28 21:21 | 現在の状況

血液検査

先週の金曜日に血液検査に行ってきました。
まだ風邪をひきずっていたので、どうせCRPも高いだろうと思ったのですが、さすがに2週連続でキャンセルするのは人の道にはずれている(笑)と思ったのです。

結果的には行って失敗で、やっぱりCRPは2.49もありました。前回より若干上がっています。

その他の数値はまあまあだと言われました。(でも白血球のバランスは見事なほどに崩れました。表主治医は福田-安保理論を軽視しているかご存じないので、そのことについてのコメントはありませんでした。)

結局のところ風邪のせいなのか、クローン病のせいなのか、高めのCRPの原因がつかめなかったわけで、行く前から分かってはいたことですが、やっぱり検査に行かない方がよかったのかなぁというのが実感。

精神的なものでしょう、その後お腹に違和感を覚え、更にはやけ食いで夜食にラーメンなどを食べ、下痢をしました。ダメですねぇ。(就寝時刻が早いので、ふだんは夜食など食べないのです。)

下痢はもうおさまっています。鼻水もほとんど出なくなりました。やっぱり勇気を出してもう1週間延期してもらうべきでした。
[PR]
by cheesman | 2008-01-21 12:26 | 現在の状況

続 風邪をひきました

年末年始の休暇は土日を入れれば11日間にもなります。その半分近くを車中かあるいは寝床で過ごしたことになります。

結局風邪薬はのまず、そのせいかどうか、まだ鼻水がとまらなくて相変わらず本調子からはほど遠い状態ですが、少なくとも下痢は完璧に治りました。下痢がなければクローン病に関しては安心です。まあこんな状態だと血液検査を受けてもあんまり意味がないと思うので、今週の検査を受けるべきかどうか迷うところです。2ヶ月ぶりなので楽しみだったのですが、ちょっと延期した方が良いかもしれません。

クローン病になりたての頃は何が引き金になって再燃に至るのかが分からなくて疑心暗鬼でした。それは今でも変わらないかもしれません。数少ない再燃の経験から、激しいスポーツで口呼吸になって喉を痛めるのがよくないらしいことと、やはり食事がいい加減になると黄信号がともるのかなということを考えています。原因が分からない病気ですから、再燃の引き金も人それぞれなのかもしれません。

以前は風邪をひくとすぐに総合感冒薬の世話になっていたものですが、苦しいけれども寝ていれば治るのが風邪だと割り切ることにしたので、今回は薬をのまずに乗り切ることができました。せっかくミヤBMをのんで腸内環境を整えようとしているのに、風邪薬で台無しにしてしまったら意味ないですから。

風邪で下痢をしていたからというのもあると思うのですが、ご馳走に手を出すことなくこの年末年始を乗り切ることができました。怪我の功名というやつかもしれません。

明日から出張です。まだまだ油断できません。
[PR]
by cheesman | 2008-01-07 12:52 | 現在の状況

風邪をひきました

28日に39℃の熱が出ました。その後3日間寝込みました。年末年始ということで医者にはかかりませんでした。

風邪は誰でもかかる病気だから大して気にするべきでもないと思いますが、クローン病の場合は風邪から再燃に至ることがあると聞いているので、ちょっと心配でした。とくにひどい下痢が続きましたので。

薬はのみませんでした。体の節々が痛かったので、いわゆる解熱鎮痛剤をのみたいところでしたが、NSAIDSによる交感神経刺激こそが再燃の引き金になるのではと、それを恐れたのです。

そんなわけでひたすら寝るばかりの年末年始。外出もほとんどせず回復を待ちました。今朝ようやくまともな便に戻りました。

まだ鼻水が出るし、胸の奥の方にタンがからんで下の方から咳がこみあげてくるし、頭もボーッとしていて本調子にはほど遠いのですが、熱が下がったことと下痢がおさまったのが救いです。来週は寒い地方への出張があるので、それまでに何とかしたいと思います。
[PR]
by cheesman | 2008-01-04 11:37 | 現在の状況

下痢の顛末

いけないものを食べてお腹をこわしてから、かれこれ10日近くになります。

実はその後も焼肉を食べる機会がありましたが、その時は「すきっ腹に肉だけ」という無謀はやらずに、しっかりと野菜とご飯をいっしょに詰め込みました。そのおかげかどうか、下痢には至りませんでした。

まだ硬い便に戻っていませんが、下痢とはほど遠い状態です。

舌炎の徴候も、徴候のままどこかに消えてしまっています。

やれやれです。

クリスマスと忘年会のシーズンを無事通過。でもこれからまた年末年始のご馳走ラッシュが待っています。病気であることを自覚しつつ、目の前に置かれたご馳走を上手に取捨選択するのは難しいですが、今現在発症して、あるいは再燃で食べられない方々の苦しみを思えば、そして自分のかつての地獄の苦しみを思えば、感謝しつつ軽々とクリアしなければならないハードルです。

妻に言われて思い出しましたが、2年前のホワイトクリスマスは病院のベッドでむかえたのでした。他の患者さんたちがケーキ付きのスペシャルメニューなのに、自分だけ低残渣食という情けなさでした。それを思えば現在の状況には感謝せずにはおれません。

自分の体に備わった免疫力に信頼しつつも、体をいたわる休日を過ごさねば。


わけあって年内はもう投稿できないかもしれません。これを読んで下さっている、患者のみなさま、あるいはご家族のみなさま、よいお年を!クローン病はきっと治ります。



追伸:量を減らしたはずのミヤBMは、前回の処方の残りがまだあったので、減量していません。お腹をこわしてもいましたし。(U先生、ごめんなさい。・・・ちなみにUは裏の頭文字です)
ぼちぼち1日3錠に減らせそうです。
[PR]
by cheesman | 2007-12-27 00:04 | 現在の状況