40代で発症したクローン病患者が、完治を目指して、薬なしの闘病で経験したことを綴ります


by Cheesman
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2007年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

エビデンス

患者会に出席しても、最新の治療法のみに話題が集中し、代替医療に目が向いていないと感じます。ツボの刺激など、自律神経免疫療法に通じることをしておられる人も知っているので、どうしてもっと話題にしないのかと不思議でした。

理由はエビデンスにありました。統計的に有効であると判断されなければ、公的な場での無責任な発言と捉えられかねず、恐くて話せないというのが実情と理解しました。このブログのような患者個人のよた話ならまだしも、患者会のような影響力のある団体がエビデンスのない治療法についてあたかも効果があるかのように宣伝はできないということのようです。

この件に関して日本自律神経免疫療法研究会に問い合わせてもみたのですが、クローン病に対して有効であるというエビデンスが得られるためには、やはり統計的に有意な差が出ないといけないとのことでした。ということは、たくさんの患者を使って比較試験をしないといけないということになります。この治療を受けているクローン病患者が全国にどれだけいるのか知りませんが、それほど多くないことは容易に想像できます。これではいつエビデンスが得られるのか分かりません。

だからこそ、こういったブログのような形でしか、口コミでしか、その効果を訴えることができないのでしょう。


以前スーパーオータカでクローン病を克服した人がいるらしい情報をつかんだときも、メーカーとしては法に触れるので、「これでクローン病が治る」といった宣伝はできないと言われました。確かにたった1名、あるいは数名では、誰にでも効くと薦めることができないのはわかります。それならそれで、「これで治った」と思う方がインターネットなどを通じで情報発信をしてくれたらありがたいと思うのですが・・・。
[PR]
by cheesman | 2007-11-29 06:05 | 治療 | Comments(0)

舌炎のその後

まとまった時間があれば書きたいことがあるのですが、ちょっと無理なので・・・。

今日も近況です。

この前舌炎の徴候があると書きましたが、その後まともな舌炎には発展せずに消えてしまいました。今も又軽い徴候が現れてはいるのですが、再燃時と比べると急速に悪くなるということがないように思います。

ですから今は快調そのものです。

昨日は天ぷらうどんなんか食べてしまいましたし。あんまり調子に乗ってバカをやると後が怖いですから悪のりしないように気をつけます。


たまに変なものも食べますが、基本的には1日の脂肪摂取量は30gを下回っていると思います。

飲んでる薬はあいかわらずミヤBMのみです。
[PR]
by cheesman | 2007-11-28 17:59 | 現在の状況 | Comments(0)

これが悩み

一昨日、ふと自覚症状がいっさいないことに気づいてうれしくなりました。

調子がよいときでも口内炎と舌炎を繰り返すので、なかなかすべての面で完璧な状態というのは長いことなかったのです。

とくにリズムの関係か何か分かりませんが、土曜日は腹痛が出ることが多くて困っていたのに、一昨日は、腹痛や下痢はもちろん舌炎の痛みもなかったのです。一瞬治ってしまったかと思いました。でもそう簡単に行かないことは分かっていました。

昨日は舌炎になりそうな気配がありました。慣れてくると分かるんですね。

そして今日ははっきりと軽い舌炎の兆候

この段階ですぐに薬を塗ればよいようなものですが、みだりに使いたくないので、我慢できなくなるまで我慢します。


どうしたら舌炎を克服できるのか。当面のテーマです。何度も繰り返しているうちに舌癌になるんじゃないかって、なんか恐いんですよね。
[PR]
by cheesman | 2007-11-19 18:29 | 現在の状況 | Comments(0)

順調

昨日は統合医療の病院での診察でした。いつもの通りカラーとAKA、つむじ治療をやっていただきました。

体重が増加傾向なのに、先日の血液検査で依然としてアルブミンが低いことに関して、炎症のせいで消耗しているか、あるいは吸収がよくないかのどちらかだろうと言われました。体重が増えているし下痢もないので、前者のケースだと先生は考えておられるようですし、実際にCRPがまだ2あるので、それとも合致していることになります。

ミヤBMを5週間分出してもらいました。

もう少しの辛抱・・・これが結構長く続きます。あとちょっとのところで足踏み。これが春から続き、そして夏には軽い再燃を経験。願わくは、この冬を再燃なしで乗り切り、来夏も再燃なし。そして気がついたらCRPも0になっていた。そんなふうに行きたいもの。



昨日おもしろかったこと。
カラー治療のために金属棒でテストしました。「痛み」に反応。ほんのわずか舌炎がある程度なので、ちょっと納得がいかないぞ。・・・と思ったのですが、よくよく考えてみたら、数日前に小学生とサッカーに興じて走り回り、下半身が筋肉痛でぼろぼろだったのでした。この痛みに反応したんですね。相変わらずすごい感度だと思います。
[PR]
by cheesman | 2007-11-13 12:38 | 現在の状況 | Comments(0)

血液検査 CRP横ばい

風邪のせいで延期していた血液検査に行ってきました。

CRPは2.17。前回とほとんど変わりません。

しかしまだ風邪が治らなくて青っ鼻が出るし、ちょっとアレルギーもあったりするので、クローン病そのものの炎症反応は前回より低いんじゃないかな。

それと最近思い始めたことなのですが、発病前のCRPは分からないので、本当は自分はもともとCRPが高い体質なんじゃないか?それって正常ではないんですが、もともとアレルギー持ちですしね。クローン病がなくても何か炎症が起きているのではないかと、ふと考えたりするのです。まあ、なかなか数値が落ちないので、あせってこんなことを思うのかもしれません。

先月だったか患者会に出たときに、ベテランの患者さんで緩解期でもCRPが3ぐらいという方に会いました。だからあせる必要もないのでしょうが。

好中球とリンパ球はそれぞれ63.7%と27.9%。これも前回とほとんど同じ。舌炎はあるのですが、やはり今は緩解期と見てよいのではないでしょうか。そんなわけで毎月やっていた血液検査ですが、次回は2ヵ月後となりました。今度は風邪もアレルギーもない万全の状態で測ってもらえるよう気をつけます。
[PR]
by cheesman | 2007-11-09 10:51 | 現在の状況 | Comments(0)

そろそろ風邪も

風邪をひいてすでに10日以上。

ようやくおさまってきて、のどの痛みもほぼ消えました。まだ鼻水が出ます。しかしそれも青っ鼻から水っぽいものに変わってきて、もうちょっとの辛抱です。

この間、風邪薬の服用はありません。クローン病を発症してから約2年。薬でひどい目にあってきましたから、以前は気軽にのんでいた風邪薬も怖くてのめなくなりました。熱が出ないのが幸いでした。

今流行っているみたいです。みなさんも気をつけてください。


延期した血液検査、来週は行けそうな気がします。先週痛かった口内炎は、まだ残っているデキサルチンを3日ぐらい連続で塗ったら楽になり、今はまったく痛みがありません。風邪を除けば調子がいいので楽しみです。
[PR]
by cheesman | 2007-11-02 12:32 | 現在の状況 | Comments(2)