40代で発症したクローン病患者が、完治を目指して、薬なしの闘病で経験したことを綴ります


by Cheesman
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2008年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

AKAと梅雨

2週間ぶりに統合医療の病院へ。

AKAをやっていただくのが目的です。ミヤBMはまだ残っています。

裏主治医の先生曰く

「この時期はどの患者さんも悪くなりますね。仙腸関節がずれやすくなるのでしょうか。」


クローン病に限らないようです。

2週間前の治療の後、一時的に下痢がおさまったのですが、すぐにまたお腹がゆるくなりました。腹痛は全然ありません。下痢が止まりさえすれば、今回の再燃らしき症状にも光が見えてきます。


この前の血液検査の結果をお見せしました。確かにCRPは高いけど、全体的には前よりよくなっているんじゃないですか、とのコメント。リンパ球が30%になればいいですね、とおっしゃるのですが、私の記憶では、これまでにそこまでリンパ球が上がってくれたことはありません。でもこういう数値目標を与えられると、「あいうべ」にしても「爪もみ」にしても励みになります。

血液検査も次回からこちらの病院で受けることになりました。病院の二股って高くつきますからね。
[PR]
by cheesman | 2008-06-26 12:40 | 現在の状況

血液検査

13日に表主治医の病院で血液検査を受けてきました。

CRPが2.73で若干高いのは予想通りといえば予想通り。
だって少し腹痛があるのですから。というよりは4とか5とかいう数値でなくて一安心。昨年の経験があるので無事乗り切れると思います。

好中球が62.8%(3500個/μL)、リンパ球が24.6%(1370個/μL)というのはどうなのでしょう?リンパ球がもう少し欲しい?
比率でなんかつじつまが合わないような気がしたのは、単球が9.0%もあったせいですね。
これが意味するものは?

今度裏主治医の先生に聞いてみます。表主治医は白血球バランスには全然着目してませんので。


今回いやだなぁと感じたのは、検査をしつこく勧められたこと。レミケードをやらせたいのです。悪くなってから検査すればよいと思うのです。検査結果がたとえよくても、完治しましたね、なんて言うわけないのだから、受けても無意味だと思いませんか?体調がひどくて検査結果が悪く「ほらこんなに狭窄が進んでる。気をつけて下さいね」などというアドバイスに至るのであれば検査も分かる気はするのですが、食事療法を中心に乗り切ろうとしているのに、なんで下痢をひどくしかねない下剤が必須の検査を無理強いしようとするのか?経済的にも負担なので「考えておきます」とだけ返答し、診察室をあとにしました。

もう当分この病院には行きたくないと思いました。ストレスがこの病気には悪いのに、病院に行くことが一番のストレスになるんですから。表主治医の先生は自分がストレッサーだということに気づいておられないでしょう。
[PR]
by cheesman | 2008-06-16 12:25 | 現在の状況

診察と生活の改善

ミヤBMがなくなったので、ひさしぶりに統合医療の病院に行ってきました。

裏主治医の先生が代わりました。

AKAをやっていただき、ミヤBMを1ヶ月分出していただきました。

ちょっと軟便が続くので、AKAを2週間後にまたやってもらった方がよいかもしれません。
下痢にはAKAというのは新しい裏主治医からの受け売りです。)


気のせいかもしれませんが、シソ油摂取の再開によって、腹痛を押さえ込むことに成功したように思えます。まだたかだか3日目ですけど、効き目はあるように思えます。この数ヶ月の自堕落な生活から、また病人らしいきちんとした食生活に戻すことは簡単ではないのですが、おそらく放置するとある段階で手遅れになると思うので、妙な意地をはらずに、ここは「まだ完治してない」ことを素直に認め、完治宣言は先延ばしにしようと思います。(とはいえ、家族内で完治宣言して、好きなものを食べてただけですけどね。時期尚早だったようです。)
[PR]
by cheesman | 2008-06-10 18:54 | 現在の状況

鬼門の夏に突入

「夏は鬼門ですね」
裏主治医の先生からかつて言われたことです。それを意識したわけでもないのですが、6月に入るや、下腹部に違和感を感じるようになりました。
そして昨日は腹痛のようなものが。

かってに家族内完治宣言して発病以前に近い生活スタイルをしていましたが、やっぱりまだまだ気をつけないといけないようです。

仕事のストレスが増えました。
テニスなどの運動の頻度が上がりました。
爪もみをさぼっていました。
刺激物の飲食が増えました。
シソ油をけちって使わなくなっていました。

などなど、健康な人なら何てことのないことでも、クローン病にとっては好ましくないことに、無意識のうちにチャレンジしていたということでしょうか。

この夏を元気に乗り切るために、今日から気持ちを引き締めていきます。

とりあえずシソ油を積極的に摂り、同時に脂ものを避けることにしました。
その他刺激物を控えます。
爪もみ用のハリボーイⅡは職場に持ち込み1日2回やることとしました。
テニスはやめたくないので、妻の反対もありますが、続けることとして、一所懸命やり過ぎないことを誓いました。(テニスは知らず知らずのうちに口呼吸のクセをつけてしまうようです。)
鼻づまり気味なのは相変わらずなので、「あいうべ」は最低60回やってますが、どうやら夜間冷えるのがいけないようなので、先月あたりからパジャマを半そでTシャツに切り替えていたのを、長袖パジャマに戻すことにしました。
それからできるだけ爪もみ靴下を着用します。(これまでも一度履いたら24時間着用でしたが。)

こうやって考えてみると、これだけのことをないがしろにしてきたのだなぁと、変な感慨にふけってしまいます。剣呑剣呑。まだお医者さまから完治宣言が出たわけではないので、気をつけないと。
[PR]
by cheesman | 2008-06-08 10:05 | 現在の状況