40代で発症したクローン病患者が、完治を目指して、薬なしの闘病で経験したことを綴ります


by Cheesman
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2008年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

メタボは杞憂か

ミヤBMが切れたので、統合医療の病院に行ってきました。1ヶ月ちょっと間が空いてしまいました。

先月の職場の健康診断の結果が届いたので見ていただきました。「肥満傾向、腹囲増加」なんて書いてあるものだから、いわゆるメタボを心配したのですが、先生は何の心配もいりませんとおっしゃいました。

貧血傾向とHDLが低すぎるのはいつも通り。これも心配するほど低すぎるわけではないそうです。

やれやれです。

今日は治療をこの病院一本に絞ってからの初めての血液検査でした。結果が出るまで病院で粘るほど深刻な問題ではないので、結果は来月お聞きすることにして病院を後にしました。

採血してくださった看護婦さんは、私がこの病院に通い始めた時から担当して下さっていて、「本当によくなって良かったですね~」とやさしい声をかけて下さいました。あの当時、杖なしでは歩けないほどの私を見ておられるから、彼女にとっても驚きの回復ぶりでしょう。対症療法の西洋医学がすべてじゃないんだって、つくづく思いました。



今は腹痛もなく、便の水分もずいぶんと減ってきたように思えます。本当の緩解まであと一歩といったところでしょうか。
[PR]
by cheesman | 2008-12-09 12:39 | 現在の状況