40代で発症したクローン病患者が、完治を目指して、薬なしの闘病で経験したことを綴ります


by Cheesman
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ますます快調

先週診察に行ってきたのでした。
6月下旬の血液検査の結果をいただきました。

CRP 0.07

前回おかしかった中性脂肪も今回は正常。

ミヤBMも飲んでないので、まるで健康人です。

この調子が夏の間持続できれば・・・
[PR]
# by cheesman | 2009-07-17 18:02 | 現在の状況

久しぶりの診察

昨日病院に行ってきました。

前回の血液検査が3/17だったようですから、何と3ヶ月ぶりの診察ということになるようです。

気になる検査結果はというと・・・もう3ヶ月も前のものなので、今がどうかは分かりませんけど・・・

何とCRPが0.34で陰性(と言うのでしたか?)でした。0.50以下が正常値とのことで、これだけ低いのは発病以来初めてのことです。これで本当に完治が見えてきたと胸をはって言えます。

好中球が46%、リンパ球が39%というのも、これまでの数値を考えるとウソのようなバランス。もしかしたらこの頃はある種のアレルギーが出ていたから、その影響でしょうか?ともあれクローン病であることを思えば素晴しい数値です。

この3ヶ月間、どうやって過ごしてきたかというと、途中でミヤBMが切れました。でも忙しかったのと、体調が良かったのとで、病院に行きませんでした。過去数年は5月の連休の頃に腹痛が出て、夏の間、軽い再燃に悩まされていたのですが、今年はまだ腹痛が来ません。もう7月だというのに。下痢がおさまったために栄養素の吸収がよくなったのでしょう。食事を変えていないのに体重が増加しています。そういうわけで、肥満はともかく、クローン病が治りかけているのは確かなのだろうと思っていました。

実際に検査結果も、数値上いつも貧血傾向と出ていたものも改善しましたし、忌まわしいことに中性脂肪がハネ上がっていました。今度は真剣にメタボを気にしなくちゃ。


今回も採血してもらったので、次回はできるだけ早く行って、検査結果をもらってくるつもりです。



こうなると特定疾患の登録をどうするか悩むところですが、主治医の先生のお答えは明確でした。治ったと思うことは大事だけれど、こういう状態が1年ぐらい続かないと治ったとは言えない。だから大事をとって、もう1年登録しましょうと。確かにそうですよね。だから完治宣言は来年までお預けですが、このブログをお読みになった方の中には、私の体の変化が信じられない方もいらっしゃると思います。でもやっぱり自然治癒力というのはあるものなんですね。

治療としてはAKAだけやっていただきました。関節の動きもよくなっていると言われました。薬は当面使わないで様子を見ることになりました。先生はどっちでもいいよとおっしゃるのですが、すでに2ヶ月間、ミヤBMなしで好調なのですから、あえて戻す必要もないかと・・・。



そうそう、効果があるのかどうかは知りませんが、はと麦茶は続けています。もう習慣になってしまいました。
[PR]
# by cheesman | 2009-06-24 23:25 | 現在の状況

テニスをしたら

ひさしぶりにテニスをやってみました。
体がフォームを覚えているので、少しアップしたら勝手に
手足が動き始めました。

気をつけないといけないのは口呼吸。
激しいプレー中はどうしても口で呼吸してしまいます。
帰宅中にしっかり「あいうべ」でケアしましたが、
翌朝少しのどが痛く、やっぱりスポーツのあとは
うがいもしっかりやっておかねばと反省しました。

今のところ好調なので、週に1回ぐらいのペースなら平気
かもしれません。

例年のパターンであれば、そろそろ腹部に痛みを覚え、
再燃に突入するはずです。それがないのはこのところ
スポーツをさぼっていたせいかもしれないし、あるいは
スポーツをやっても問題ないほど回復してきているのかも
しれません。

結局今月も診察に行けませんでした。
ミヤBMも切れているので、いくらなんでも来週こそはと
考えています。
[PR]
# by cheesman | 2009-05-26 12:37 | 現在の状況

特別には何も・・・

緩解期のまっただ中なのだろうと思います。

冷たいものが飲みたくなる季節なので、やっぱりときどき炭酸飲料系に手が伸びてしまいます。学習能力がないなぁと、その都度反省するのですが・・・。

あくまでときどき・・・という程度にとどめて、できるだけ温かいもので水分補給したいもの。

ハトムギ茶は続けています。
[PR]
# by cheesman | 2009-05-13 12:30 | 現在の状況

好調

仕事が忙しくて、どうやら今月は病院に行けそうもありません。
もうすぐミヤBMがなくなるのですが、体調が良いので問題ないでしょう。

3月の血液検査の結果を聞かせてもらえるのは5月の連休明けになりそうです。



つい先日よく冷えた炭酸飲料をぐびぐびやったらお腹をこわしました。
考えてみれば健康だった時代も炭酸飲料は苦手だったのでした。
下痢はひきずることなく1日後には元に戻りましたので、あんまり心配
していませんが、本気で完治させるつもりでいる人間が、初夏の陽気
ていどの暑さに負けて冷たい飲み物に手を出すようではいけませんね。
反省しています。
[PR]
# by cheesman | 2009-04-21 12:23 | 現在の状況

検査結果

ずっと更新をさぼっていました。時々チェックして下さっていた方には申し訳ありません。

ブログの更新をおこたるのに、調子が悪い場合と、全然悪くなくてとりたててネタがない場合と、2種類あると思うのですが、私の場合は後者です。

いつの間にかお腹の痛みが全然なくなってしまい、少し下痢っぽい症状がある他は、まったく普通なために、ついつい自分が病気であったことを忘れてしまっていたのです。(職場でも「仕事をさぼる口実に病気だと言っているだろう」なんて軽口が聞こえてくるほど。)

12月9日の検査結果を1ヶ月半後にいただきました。これまで検査を受けていた病院と違うので、渡される報告書も書式や項目が異なって見づらいです。聞けば良いのだけれど、うっかり聞くのを忘れました。だからもしかしたら間違っているかもしれないけれど、と前置きして・・・

好中球が57%で、リンパ球が25%。もう少しリンパ球が欲しいところでしょうか?でも好中球はこんなものかな?

CRPが1.45で、久しぶりに2を切ったことで、素直に喜んでいます。このぐらいの数字でも高すぎるという方もいて、CRPの数値を何を基準に良いとか悪いとか判断してよいのか、私には分からないけれど、この病気になって以来、2を下回ることがほとんどなかったので、この数字は私にとっては、とても喜ばしいものなのです。

先月もまた検査を受けたので、できれば今月受診して、結果をもらってきたいと思います。腹痛もないし、体重も順調に(過度に?)増加を続けているので、CRPが更に下がっていたらいいなとの希望を持っています。
[PR]
# by cheesman | 2009-04-02 23:32 | 現在の状況

メタボは杞憂か

ミヤBMが切れたので、統合医療の病院に行ってきました。1ヶ月ちょっと間が空いてしまいました。

先月の職場の健康診断の結果が届いたので見ていただきました。「肥満傾向、腹囲増加」なんて書いてあるものだから、いわゆるメタボを心配したのですが、先生は何の心配もいりませんとおっしゃいました。

貧血傾向とHDLが低すぎるのはいつも通り。これも心配するほど低すぎるわけではないそうです。

やれやれです。

今日は治療をこの病院一本に絞ってからの初めての血液検査でした。結果が出るまで病院で粘るほど深刻な問題ではないので、結果は来月お聞きすることにして病院を後にしました。

採血してくださった看護婦さんは、私がこの病院に通い始めた時から担当して下さっていて、「本当によくなって良かったですね~」とやさしい声をかけて下さいました。あの当時、杖なしでは歩けないほどの私を見ておられるから、彼女にとっても驚きの回復ぶりでしょう。対症療法の西洋医学がすべてじゃないんだって、つくづく思いました。



今は腹痛もなく、便の水分もずいぶんと減ってきたように思えます。本当の緩解まであと一歩といったところでしょうか。
[PR]
# by cheesman | 2008-12-09 12:39 | 現在の状況

職場の健診

年に一度の健康診断がありました。
身長、体重の測定から始まり、心電図、視力等々やって、最後に担当医との面談となるわけです。

担当医「どんな薬を?」
私「ミヤBMだけです」
担「炎症性腸疾患の体型じゃないから、一応きちんとコントロールできてるということなんでしょうね?」
私「そういうことなんでしょうか」

そういうことなんでしょうね。
少なくともどうみてもクローン病患者には見えない体型ですから。

今回から腹回りの長さの計測も導入されたようで、「あんたメタボですよ」って言われないかとハラハラしていました。そうは言われなかったけれど、クローン病の方に気を取られて言い忘れただけかもしれません。

あいかわらず軟便が続いているので、自覚症状がないわけではありません。腹痛らしい腹痛は消えたものの、お腹の違和感が完全に消えたわけでもなし。職場の血液検査にはCRPの項目はないとのことで、いつもの病院で採血しないと現状は分かりません。しかしやっぱり2ぐらいはありそうな気がします。ミヤBMが切れて次回行くときには血液検査をすることになっているので、CRPについてはそれまでおあずけです。


面白かったのは視力検査です。いつも適当にボタンを押すのです。ボヤーっと見えているように思えたら、それでも一応は上下左右の矢印のボタンを押すわけです。機械には私の自信の程度は読み取れませんから、「これはまず大丈夫」とか「たぶんこっちでしょ」などという気持ちの動きは分からないわけです。ぼんやりとも判断がつかないものだけ「分かりませんボタン」を押すことにしているので、画像が小さくなってくるとほとんど勘の世界に入ります。それでも毎年左目の方が右目より若干良いという結果になります。左右両目で覗くのに、きちんと左右の視力を別々に判定できるのが面白いですね。今年は右が0.9で左が1.0。昨年はたしか右が1.0で左が1.2とか、そんな数字でした。最近目がしょぼしょぼするように思えていたので、疲れ目だったのか、あるいは本当に視力が落ちてきたのか。老眼も密かに進行しているような気がするし、クローン病だけでなく、今後本格的な老いとの戦いも始まりそうです。

もうすぐ46歳ですから無理もないですね。
[PR]
# by cheesman | 2008-11-13 06:06 | 現在の状況

風邪をひきました

久しぶりに風邪をひきました。
8月末から仕事がハードだったので疲れがたまったのでしょう。子どもがよそから風邪をもらってきても、滅多にうつらない私でしたが、今回はダメでした。急に冷えたことで、布団やパジャマの切り替えが遅れたことも災いしました。体育の日の連休は旅行の予定を入れていましたが、ドタキャンして寝倒しました。

今回の風邪は鼻と喉にくるようです。鼻呼吸に難がでて、口呼吸になると更にのどがやられやすくなる悪循環。薬は使いませんでしたが、「あいうべ体操」と鼻の通りをよくする努力が実って、喉も回復傾向にあります。

風邪がきっかけとなってクローン病が再燃するケースが多いと聞きます。季節の変わり目も要注意ですね。
[PR]
# by cheesman | 2008-10-15 17:26 | 現在の状況

軽い再燃が長引いて

8月、9月と忙しくて・・・かといって1年前から覚悟していたスケジュールなので、逃げるわけにもいかず、ただただ寝たきりに近かった2年前の再現だけはしませんようにと願っていました。

やっと嵐のような仕事の山が過ぎ去り、ようやく一息つけるかなという感じになってきたところです。

ですから体調が良いわけがなく、でもおかげさまでひどいことにもならず、何とか乗り切ることができそうです。

軽い下痢というか軟便のようなものが続いています。でも体重が減るわけでもない。腹痛はときどき。夏場のひどい時には、はっきりと腹痛があって、「ああ、やっぱり再燃なんだ」と思い知らされていましたが、今ではごくたま~に腹痛に似た感覚があるだけです。

だからこれからは良くなる一方だと思います。


春までは予約外来で特別な治療を受けていましたが、4月から裏主治医の先生が交代するとともに、予約をやめて普通の外来です。だから治療はAKAだけ。そして薬もミヤBMだけ。それを考えれば、この夏を乗り切れたことで、また一歩前進したようにも思えるのです。

忙しかったので、裏主治医の先生の病院にも、2週間ごとに行くことができず、不定期になっています。ミヤBMが切れたらまた行く予定にしています。きっとCRPはまだ2ぐらいはあるんじゃないかと思いますが、年内にはもっと下がるはず。そう思っています。
[PR]
# by cheesman | 2008-10-07 12:42 | 現在の状況